フィリピン人が話す英語とは?


28958_top_3

私は今教えている生徒にフィリピンとブラジル出身がいます。フィリピンの公用語は、タガログ語と英語で、学校の授業は英語も行われたりするので、小学校高学年まで現地で育った私の生徒は非常に流暢です。余談ですが、先日、その生徒が英検準1級を受け、見事合格しました。語彙問題は私の作った単語カードでトレーニングを重ねておりまし、リスニング力はもともとのものがあったので余裕がありました。

話がずれてしまいすみません˚̑̑̑̑̑༾(-᷄◞८̻◟-᷅)༿˚̑̑̑̑̑

講師たちはフィリピンのトップクラスの大学を出ている人で流暢なアメリカ英語を話す人が多いです。

特に私が新しい講師を探すときに使う「キーワード」が

「コールセンター」

なんです。アメリカの企業はカスタマーセンターを海外に外注するケースが一般的ですので、常に業務でアメリカ人を電話応対する彼等の英語力は素晴らしいです。

しかし、訛りを気にされる方もおられると思います。私も「フィリピン人と話してたら、フィリピン訛りになるんじゃないか?」と気にした時期もありました。

フィリピン人の英語の訛りを気にされる方に、いつも私が言うのは「アメリカの映画を字幕なしで楽しめるフィリピン人に、あなたの英語は通じますか?」ということです。

英会話能力が国際的にも下級レベルの日本人、そんな日本人が自分たちよりもずっと英語ができるフィリピン人の英語力や訛りを問題にするのは、恥ずかしいことだと思います。

英語力が高い人は、相手の英語が多少訛っていても、会話の状況や流れから、ほとんど理解できます。去年の私ははやり彼等の発音に戸惑うこともありました。しかし、多少の訛りを気にしているうちは、また、多少訛った英語が聞き取れないということは、まだまだ自分の英語力は低いと言い聞かせてトレーニングにはげみました。

しかし、「DMM英会話」では多国籍講師が非常に多いため、世界の訛を体感することができます。無料レッスンもありますので是非、挑戦してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。