私が目標7000語レベルを扱えるように指導する理由


私がいつも生徒に「目標は7000語レベルまでの語彙を扱えるまでになりなさい。それが高校在学中であれば理想だ。」と伝えています。

なぜ7000語????と思われる人も多い。

Oxford Dictionaries websiteでは下記の表が見ることができる。このチャートによれば、たったの10語知っていればネイティヴが言っていることや書いたことが25%理解できるということである。(25%といってもほとんど理解できていないレベルなので誤解しないでほしい。)1000語レベルまでいけば75%まで理解できるため、日常会話はわかるステージに上がる。つまり、中級レベルになるためには1000語レベルで十分だということがわかる。ある調査ではネイティヴは1日使う使用語彙は約500語で会話しているとも言われているほどだ。Core-Vocab-chart-625

しかし、超重要なのは次の7,000語レベルだ。ネイティヴの書いた文や話したことが約90%理解できる力がついていることになる。膨大なOxford Dictionary Databaseが調べたことは非常に信憑生が高いことが伺える。

次の95%レベルまで上げるためには50,000語レベルと一気ステージが変わってくるため、高校生の限られた時間の中で目指せるのは7,000語レベルがちょうどいい小高い目標だと思って昔から指導している。

しかし、残念なことにOxford Dictionary は Core wordとして3000語レベルまでしかWebsiteでは公開していない。

The Oxford 3000

つまり、理想の7,000レベルまでの語彙リストは存在しない???

いえ、VisualEnglish7は多くのデータベースを徹底的に調べ上げ、20,000語レベルまでの語彙集(日本語訳をつける作業が非常に時間がかかりました汗)を完成させました。是非、あなたも7,000語レベルを最初の目標として学習に励んでみてください。

「人生最後の英単語帳」

Opened book

Opened book

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。